2010'12.11 (Sat)

男会のブログ

男会のブログ



どうも、2男のジョージです。
はい、というわけでね。今年も開催されましたよ。立教大学スキューバメイツ男会!!

うん。記憶があるうちに書いてしまおうと思ったんだ。すまない。
多少盛ったり細かい誤差があるのは、目をつむっていただけるとありがたいっす。
というわけで、拙い文章力で恐縮ではありますが、男会の様子と雰囲気を覚えている限りお伝えしていきたいと思います!

PM20:30
会場提供者の1年よしたかがバイトで遅れてしまうということで、2男が先に鍵を受け取り会場近くのスーパーで買い物

CIMG1680.jpg
CIMG1681.jpg
CIMG1683.jpg


ちょww買い過ぎwwww
買い物の時点でやたらテンション高いのは、きっと気のせいです。



PM21:00
買い物を済ませた2男が、男会を開催するにあたり快く(?)部屋を貸してくれたよしたかん家に到着!!
ちなみによしたかはバイトで遅れるってことだったんで、先に2男だけでお邪魔しちゃいました!てへっ♪

CIMG1684_20101210233009.jpg
ご丁寧にインフォメーションボードにも今日の予定を書いててくれたよしたか。偉いっ!
...と思ったら、これはショータが書いたものらしい。最近まで知らなかった事実(笑)

CIMG1685.jpg
「やっとついたよ~」
「おお!よしたかん家すげースタイリッシュじゃん!!」
「あいつ、こんないいとこ住んでやがったのか・・・」
主人不在の人ん家で、到着と同時に荷物をおろし腰をおろし凄まじい勢いでくつろぎはじめる2男・・・(・ω・`)
否、これが2男クオリティ!!


PM21:50頃
お待ちかね!!一男がよしたか宅に到着!
しかし、到着そうそう彼らには試練が待ち受けていた・・・


PM20:00
ここから約30分の間、よしたか宅は大爆発の炎に包まれた。
今年もまた、この時がやってきた・・・。

男会恒例の「外来語禁止ゲーム」が開始されたのだ。
外来語禁止ゲームとは、読んで字のごとくのゲームであり、時間制限までこれから行われるいかなる会話の中にも外来語を含んではならないという、単純明快なルールなのだが
実際やってみるとかなりむずかしいことがおわかりになることだろう。
現在の日本語においていかに言葉の借用が浸透しているかよく思い知らされることうけあいです!

仮に外来語を使ってしまった者には、男会開始から30分しか経ってないとは思えない重~い罰ゲームが待ち受けている・・・
その正義(?)の裁きは非情であり、たとえ部長や一年生であろうとも一切の弁明は認められず刑は執行される。

今回のこの無慈悲な断罪に使用されたアイテムは、度数25度のハイパーな麦焼酎「めちゃうま麦」!!鷹正宗㈱プレゼンツ


香ばしく薫る麦のかおり
さらに麦好きにはたまらない、口に含んだ瞬間に広がる麦焼酎の独特の風味
普通に飲めばその名に恥じない“めちゃうま”な麦焼酎だった・・・かもしれない。

しかし、これまでに数々の阿鼻叫喚と断末魔を生み出してきた男会の『外来語禁止ゲーム』はそんな生ぬるい条件で済むはずがなかった。

今回の用法は



完 全 ス ト レ ー ト 限 定!!  



(笑)…えません、本当に 泣
お菓子、容器、場所、地名・・・
今年もまた数々の外来語が男たちを苦しめた。
現4男ゆずりの2男の“拾い”は驚異的な隙のなさをほこり、その鋼の如きレシーブ力は、いかなる外来語の発生を見逃さなかった・・・

もはや流暢な会話もままならないぎこちない会話が続く。あれ?30分てこんなに長かったっけ??

今年も大方の予想通り悲鳴が続く、魔の時間帯。
しかし、うっかり会話の中に外来語を含んでしまう『誤爆』を防ぐため極力沈黙を続けようとする一年ゆうき。
時間までなるべく会話をしなければ、相対的にミスも減る。ならば喋らなければいい。
そんな悪しき風潮に警鐘を鳴らすべく、2男ショータが果敢にゆうきに話題を振りに行くが・・・!!

彼はいったい何度2男に指を指されただろうか。
勝負を盛り上げるべく奮闘したメイツ特攻隊帳ショータ。しかし今回ショータの自爆率がケタ違い多かったのは残念、というか乙という他ない・・・。



PM22:30
ついに、ついに長い『外来語禁止ゲーム』は幕を閉じた。
一年しんぺーの「ランブルボーーール!!!!」
の安堵の叫びとともに、永劫とも思えた長い30分は終了した。
終わるや否や、流行語かと思うほどの勢いで外来語を使いまくる男たち。
言論の自由ってスバラシイ!! 泣


PM22:35
だが、その安堵は長くは続かなかった。
『外来語禁止ゲーム』により焦土と化したよしたか宅に、セカンドインパクトはあまりにも早く訪れた・・・。

その名は
『敬語禁止ゲーム』
厳密なルールとしては
1年:2年に対して敬語をつかってはならない
2年:1年に対して敬語。さらに2年どうしでも敬語を使用をしなければならない

・・・なんか2年の方が制限厳しくね??

だが、このゲームは相手さえ気を付ければ言論の自由は保障されるため、外来語禁止ゲームよりは難易度が低めである。
しかし、このゲームには注意しなければならない点が一つある。
それは、いわゆる「自然な相づち」を誘発させる“不意打ち”である。これはヒトの無意識的領域をうまく戦略化したゲリラともいうべき攻撃であり、会話に参加していない者に対しても有効な効果を発揮する。


例)
一年よしたか「そうですね!!」
二年オレ「ああ、たしかに!!」


油断大敵、という言葉を体感せざるを得ないこの時間帯に、先の『外来語禁止ゲーム』で疲弊した男たちの神経はさらにじわじわと削られていく・・・。


PM23:00
その敬語禁止ゲームも終わり、サイパンの現地人こと2男ヒロヤがバイトを終え堂々の来宅!!
おかえりコールと同時にもはやケミカライズとしかいいようのない2男の愛ある(?)焼酎スペシャルブレンドを軽く飲み干し、みんなのテンションは最高潮に!!


そこからは男たちのロマンやセンス、小さい頃夢中になったアニメやマンガ等々
世代や価値観を超えた色んなジャンルの話題に花を咲かせた。
事件有り、悪乗り有り、“拾い”有り、と男会の真骨頂を発揮したといったと言っても過言ではないだろう。
フリーダム万歳!!



AM01:00
先刻、勝手に人ん家のシャワーを浴び風呂に入り始めたショータ。
しかしいつまで経っても帰ってこない・・・


様子を見に行ったヒロヤが浴室に様子を見に行くとそこには・・・!!

青木のカメラにその衝撃映像が収められてるはずだけど、これはさすがに自重しますwww


PM02:55頃(あんまり覚えてないw)
多くの男が寝静まり、男会もようやくひと段落ついたあたりで
ジョージ、青木ヒロシ、2年のしんぺー、よしたかの4人がまさかのガチトークを展開!! 笑

沖縄というでっかい合宿を目前に控えた1年生のメイツに対するこれからの不安と期待と、そしてこれまで数々の荒波を経験してきた2男たちによる感情や環境の変化の体験談。
そしてさらに深まった友情と、メイツへの感謝。
酔いも若干冷めてきたのも相まって、かなり熱く語っちゃったよ!これが若さ・・・笑


PM04:30
ガチトークもいつの間にやら静まりかえり、みんなおやすみモードに移行!

CIMG1690.jpg
おやじww場所とりすぎだよ!!そしてヒロヤの生脚ふたたび。

CIMG1692.jpg
机の下で寝る部長。

CIMG1691.jpg
力尽きた1男

CIMG1694.jpg
いつのまに風呂から帰ってきたんだ!?ぐっすりですな!!

CIMG1688.jpg
あなごファンのみなさんお待たせしました!(笑)

CIMG1689.jpg
さらにサービス!!


そして朝はみんな各々の時間で家に帰ったのかな?
ごめん!!(>△<)
僕は朝イチに帰っちゃったのでその後はどうなったかワカラナーイです!! 笑

でもカン・ビンのゴミは捨ててグラスと部屋に散らかったものもある程度片づけておいたから、許してー!!

というわけでまあ、とにもかくにも毎年波乱万丈の男会は、こうして数々の笑いと悲鳴、そして伝説を生み出しつつ幕を閉じたのでした♪

CIMG1695.jpg
あれ?な、なんか絵が増えてるぞ!?

男のみなさんお疲れさまです!!
よしたか部屋貸してくれてありがとう!!


【おまけ】
例年に続き今年もかなりの盛り上がりを見せた男会。その間に生まれた数々の伝説。
記憶の彼方に忘却してしまうにはあまりにも惜しいものばかりなので、僕が個人的に印象に残っているいくつかの伝説・名(迷?)台詞をピックアップしていきたいと思います。
暇な人はみてちょ。


★目標“後期40単位”
先述のよしたか宅のインフォメーションボードの下の方に貼ってあった、“後期の目標”と書かれた紙。
その中の一つに書かれていた「40単位をとる!」。
ちなみに立教大学には年間でとれる単位が決まっており、学部にもよるが“年間”で取得できる単位は最大でも40~44単位くらいである。
おわかりだろうか。つまり後期に40単位を取るということは、彼は前期で2~6単位ほど(授業数換算で週に1~3時間程度)しか取っていなかったということになる。(笑)
・・・がんばれよしたかっ!!


★「意味わかんね~よぉ~…」
一年ゆうきが、会場に着くや否や2男の理不尽な罰ゲームを強要された際に放った第一声。
その嘆きともとれるこのセリフは、非常に説得力があったという。笑
ゆうき「意味わかんね~よぉ~…」
2男「でしょうね。(笑)」


★興奮玉(こうふんだま)
秋の夜長に男が集まり、次々に「興奮玉」を口へと運び盛り上がった…。
うん、危ない発想されそうだねww


ショータが持ってきたナゾのお菓子『チョッパーのランブルボール』。
珍しいお菓子に、一同誰もが食べてみたいと思ったのだが・・・。
奇しくもその当時は先述の『外来語禁止ゲーム』の絶対法律期間であったため、このお菓子の名前を呼べば「ランブル」と「ボール」で即ゲッツー2バツという最悪の事態に陥ってしまう。なので、このランブルボールの直訳した結果、「興奮玉」というなんともアレなネーミングが確立してしまったのだ。
『チョッパーのランブルボール』改め『チョッパーの興奮玉』・・・。ヒドイww
そして外来語禁止ゲームが終わった時、一年しんぺーが解放の安堵と共にこのお菓子の真の名を高らかに叫んだのだった。笑
しかしランブルボールを直訳しても厳密には興奮玉なんて訳にはならないという点にかんしてはどうかスルーしてください!(笑)

★爆ぜ豆(はぜまめ)
外来語禁止という圧政下で生まれたアヤシイ言葉、第2段!!
さて問題です。これはなんの外来語を直訳した結果でしょうか・・・?




正解は、「ポップコーン」!!
だが厳密にいえばコーン(トウモロコシ)は豆ではない気がするのだが、不思議と誰も咎めったことを考えるといかに外来語禁止が厳しいものであったかが伺える。


★「いや~、自分は福田さんですね!」
1年に対し“メイツの女の先輩の中だったら、誰がタイプ?”という決して女の前ではできない男子トークが開催された際、1年よしたか君がなかなか言い出さない。
しびれをきらしたとある2男が、そんなよしたかの代弁として発したセリフ。

「いや~、自分は福田さんですね!!あの筋肉マジヤバいっすね!!」

おいぃぃぃぃ!!
福田さんとよしたかのそんなシーンを想像してしまった多くの男が、戻しそうになったとかならなかったとか。


★二見さん
諸事情により詳しいことは書けないけど、きっとメイツ男子のアイドル!!(笑)
そして彼女は、とある心無い2男によってよしたかのパソコンのデスクトップ背景にされてしまった。カワイソス。
いろいろな理由により、正直パソコンが視界に入るたびに二見さんが目に入るのはとても耐え難かったですww 涙


★ウルージさん
週刊少年ジャンプで連載中のマンガ「ワンピース」の登場人物のひとりで、筋骨隆々のたくましい体躯をした破戒僧海賊団船長。
普通にかなりのサブキャラなのだが、なぜか「漢」を象徴するキャラクターにしたてあげられており、ネタとしてあり得ない程の人気を獲得した人。その武勇伝は1男を通して2男にも伝えられ、男たちの憧れとなった。
今後メイツでゴタゴタが起きた際にはウルージさんのように

『おーおー!好き勝手やりなさる!』

と威厳をもって発言・傍観すること推奨。


★スクラッチメン☆あなご
こここ、こちらもマンガ「ワンピース」が元ネタの、ににに新座のアイドルことあああアナゴさんの新しいけっ敬称。
↑こんな風に明らかに噛むところではないような会話でも噛みまくり、もはや何を言っているか全然伝わらないあなごさんに贈られた名誉ある新たな称号。そのカミカミっぷりはDJのスクラッチと揶揄されるほどであり、はじめはあなごさんが噛む度に「アナゴさん、とりあえず飲もうかw」といってグラスに酒をお酒を注いでいた2男も、あまりにも噛みすぎるためついには拾いをあきらめ放置したほどである。
やはり最後においしいところを持って行ったのは、僕らのアイドルあなごさんでした!!



う~ん、他にもいろいろあったはずなんだけど思い出せないww
とまあこんな感じで今年も大いに盛り上がってしまった2010年度スキューバメイツ男会なのでした!! 完
スポンサーサイト
20:18  |  未分類  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |